がん保険は必須?そのメリットとは

最近がん保険に加入する人が増えてきています、というようなことをよく耳にしますが、そもそも、がん保険って必要なのでしょうか。
また、がん保険ではなく通常の医療保険ではダメなのでしょうか。

がん保険とは、その名のとおりがんになったこと、およびがんで死亡したことに対して保険金が支払われるタイプの保険で、通常の医療保険と違って病気一般に対して保険金が支払われるものではありません。

では医療保険のほうがよいのではないかと思われる方もいると思いますが、がん保険にはそれ単体でも加入するメリットがあるのです。というのも、がん保険の保険金は通常の医療保険よりも高いことが多いのです。

がんの治療にはお多額の金がかかります。
がんと診断された時点で保険金が支払われると高額な治療費の補填になりますから、これは医療保険に比べてがん保険の強みといえます。

また、万が一の死亡の場合にも保険金が支払われます。そして、定期タイプ、いわゆる掛け捨て型のがん保険だと月々の保険料はかなり安く済ませることができます。
安い保険料で万が一がんになってしまったときの補償が受けられると考えると、がん保険はいまや日本人にとって必須とも言えるでしょう。

PAGETOP