抗がん剤治療にはがん保険が適している理由

がん保険は加入する必要はあまりないという人がいますが、入っておいて損はないといわれています。
がんになって手術をしてから抗がん剤治療をする場合がありますが、この抗がん剤治療はたいへんお金がかかります。

収入によって毎月支払う医療費の上限が決められていますが、それでも抗がん剤治療をすると上限いっぱいまで医療費を支払うことになります。
抗がん剤治療をする期間は様々ですが、1年くらいする人もいますし、再発すると何度もする必要があります。

預貯金があればがんになっても治療費は賄えるという人がいます。確かにそれは間違いありませんが、たくさん稼いでいるほど医療費の上限額が上がることを覚えておいた方が良いと思いますし、費用が掛かるので、抗がん剤をあきらめるという人も実際にはいます。
 
この点がん保険に加入していると、抗がん剤治療が必要になっても多少の保険金が支払われますので加入しておくのがおススメです。また働き盛りの人ほど治療期間が長くなる傾向がありますので、がん保険に加入しておくことをおススメします。

月々5000円くらいの掛け金のがん保険はたくさんありますので、自分に合った商品を選んで資料を取り寄せてみてください。

PAGETOP